置き時計

デザインクラフト実習

田中里歩(茨城県立古河第二高等学校出身)

作品紹介

時計のデザイン、制作。
銅板や真鍮の硬いけれど柔らかい雰囲気や可愛らしさを生み出せるところが魅力だと思っています。
また、金属は身につけたり部屋に置くだけで特別な気持ちになれる素材です。そのふたつの魅了を掛け合わせてそばにあるだけでときめくような商品をデザインしていきます。

制作過程について

金属工芸の技術である、金属を金槌で叩いて加工する絞り技法によって、形を成形していきます。
糸鋸やヤスリで形を切り出したり、ろう付けという技法により、金属同士を接合したり、実際にネジを作成したりして、パーツを作成していきます。