ファッションビジネスコース

Fashion Design
ファッションデザイン科

ファッションビジネスコース
Fashion Business

“Fashion × Service” アパレル業界のプロになる。

めまぐるしく変化を続けるファッションシーンの中でファッションメーカーは常に流行を意識した商品を産み出さなければなりません。そのためには、デザイナー、パタンナー以外にも多くの職種が存在し、幅広い知識を持った人材を必要としています。 本コースではファッションの基礎知識はもちろん、マーケティングやMD(マーチャンダイジング)などビジネスのノウハウを身につける一方、スタイリング、ディスプレイ等センスを磨くカリキュラムも取り入れ、ファッション業界のあらゆる分野で活躍できる人材を育てます。

カリキュラム Curriculum

1年次(共通基礎課程)

  • 服飾造形Ⅰ
  • ファッションマーケティングⅠ
  • ファッションビジネス論
  • アパレル素材論
  • 西洋服装史
  • 商品知識
  • 色彩学
  • SPAビジネスⅠ
  • ファッションイラストⅠ
  • ファッションデザイン論Ⅰ
  • イラストレーター
  • サービス接遇
  • 英会話
  • ヘアアレンジ&メイク
  • 就職指導
  • デザイン特論
  • ファッションアドバイザー論Ⅰ
  • 店舗設計Ⅰ
  • スタイリング実習Ⅰ
  • ディスプレイ

進級制作

■…コース別授業

2年次

  • ニットソーイング
  • ファッションマーケティングⅡ
  • SPAビジネスⅡ
  • 生産管理
  • ファッションデザイン論Ⅱ
  • ラッピング
  • ヘアアレンジ&メイク
  • 英会話
  • 服装規定
  • 一般教養、就職指導
  • デザイン特論
  • プランニング実習
  • スタイリング実習Ⅱ
  • ファッション販売
  • ファッションアドバイザー論Ⅱ
  • 店舗設計Ⅱ
  • ファッションインテリア
  • DM・POP
  • シルバーアクセサリー

卒業制作

■…コース別授業

主な科目をご紹介

  • スタイリングの授業の様子

    スタイリング

    スタイリングに関する知識をもとにトータルコーディネートを実践しながらスタイリング力を高めます。

  • 店舗デザイン・ディスプレイの授業の様子

    店舗デザイン・ディスプレイ

    商空間デザインに関する全般的な知識・技能を学びます。

  • ヘアアレンジ & メイクの授業の様子

    ヘアアレンジ & メイク

    ヘア・メイクの基礎知識や技術を習得し、様々なシーンやファッションに応じたメイクテクニックを身につけます。

  • 服飾造形の授業の様子

    ファッション色彩

    色彩に関する知識を習得し、カラーコーディネートについての感性、教養などを身につけます。また、色彩能力検定の資格取得を目指します。

取得する資格・検定 The Licence

  • ファッション販売能力
  • ファッションコーディネート色彩能力
  • ファッションビジネス能力
  • サービス接遇
  • ラッピング

目指せる職種Job category

  • 1

    ファッションアドバイザー

    ショップの店頭にて接客を行う販売スタッフのこと。商品のファッション性と品質を理解したうえで、顧客の質問に答え、その人に合ったアイテムや着こなしをアドバイスします。

  • 2

    SV(スーパーバイザー)

    フランチャイズチェーンの本部と店舗の間に入って、経営指導や支援、助言、相談をする仕事です。 売上げ状況の確認や商品動向、売り場レベルなどをチェックしたり、実際に売り場に立って、店舗の客層や商品動向を確認するなど、細部にわたっての指導をします。

  • 3

    バイヤー

    自社のポリシーやトレンドに合致する商品を見つけ出し、買い付けてくるのがバイヤーの役割。その範囲は国内から広く海外までおよびます。決め手となるのはまず情報収集能力。商社やメーカー経由の情報はもちろん、あらゆる方面にアンテナを張る必要があります。

  • 4

    MD(マーチャンダイザー)

    アパレルメーカーや百貨店、量販店などで、商品開発から販売計画、予算管理などをトータルで管理する仕事です。市場調査などの分析から新商品の開発計画を立てたり、商品開発後には販売促進活動も行います。

  • 5

    営業

    自社の商品を百貨店や量販店、アパレル専門店などに販売する仕事です。自社の商品を営業先に説明する必要があるため、商品に関する知識はもちろん、業界に関する幅広い知識が必要とされます。

  • 6

    VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)

    コンセプトに基づいて、品揃えや店舗デザイン、プロモーション、陳列方法などを統一し、商品の特徴を視覚的に演出していく仕事です。消費者ニーズの個性化や多様化にともなって、今後さらに重要とされています

  • ブランディング

    ブランディング 会社設立から商品開発、販売までを体験するブランディング授業を紹介します。

    ブランディングページを見る
  • 作品紹介 ファッションデザイン科の学生が制作したファッション作品を紹介します。

    作品ページを見る
  • 特設コンテンツ

    学科NEWS ファッションデザイン科の講師が学生達のファッションをチェック!その他にも学内の様子を毎月お届けしています。

    特設コンテンツを見る

講師ブログbolg